全ての不可能を消去して、最後に残ったものが如何に奇妙なことであっても、それが真実となる

  変わっていくことを楽しみ 未来は自分で創るのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> ドラマ(感想) > わたしたちの教科書 第1話 「いじめと裁判と」  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わたしたちの教科書 第1話 「いじめと裁判と」

2007 - 04/12 [Thu] - 23:45

学校を舞台に"闘う"弁護士がさまざまな問題にぶつかっていく。坂元裕二脚本、河毛俊作
演出。珠子(菅野 美穂)は大手法律事務所に所属する優秀な弁護士。最近はいじめ問題
にも取り組んでいた。そんな珠子は事務所の後継者で先輩弁護士の直之(谷原 章介)と交
際し、明るい将来が約束されていた。一方、臨時教員として喜里丘中学に赴任した耕平(伊
藤 淳史)は、初めての教師生活に胸の高鳴りを覚えていた。急病の教師に代わってクラス
担任を務めることになった耕平だったが、教室に入らずに校庭で一人、本を読んでいる明日
香(志田 未来)から、世界を変えることができるかと問われ、答えに窮する。
あらすじ Yahoo!テレビより


こちらは録画して見たのだけれど、志田未来ちゃん、今度も疎外される役ですか…。しかも、
第1話だけの出演??。菅野美穂さんや水嶋ヒロくんのメガネ姿…(グッジョブ)。珠子と
明日香の関係が気になるところだが、さしずめ珠子も児童養護施設で育った中りだろうか
それとも、マジで母親?(16歳で出産、あらがち無い展開ではないが…)。推理要素も含むド
ラマなので個人的には、『孤独の賭け』より、こちらがお薦め。
スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fukukuru.blog34.fc2.com/tb.php/717-4a93d71a

孤独の賭け

孤独の賭け 愛しき人よ ドラマ主題歌 アンジェラ・アキ「孤独のカケラ」

 | HOME | 

プロフィール

竜崎

Author:竜崎
足のマッサージが得意です。w

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧


■ ブログ名:E-GOS

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

フリーエリア

b_02.gif

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。