全ての不可能を消去して、最後に残ったものが如何に奇妙なことであっても、それが真実となる

  変わっていくことを楽しみ 未来は自分で創るのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> ドラマ(感想) > ヒミツの花園 最終話 「サヨナラ 私の花園」  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒミツの花園 最終話 「サヨナラ 私の花園」

2007 - 03/20 [Tue] - 23:33

父親が描いた絵を航(堺 雅人)らの父親が盗作していたと知った陽(本郷 奏多)は、開かず
の間に保管されていた作品を河原へ持ち出し、燃やそうとする。夏世(釈 由美子)と航ら3兄
弟は陽を説得し、何とか思いとどまらせる。しかし、今度は航が「花園ゆり子は解散する」と
言いだした。もう一度勉強したいという陽の思いを受け、兄弟たちもそれぞれの道を歩くべき
だと決断したのだ。夏世は寂しさを感じながらも彼らの気持ちを尊重し、前向きに応援しよう
と心に決める。
あらすじ Yahoo!テレビより


ネタバレを安易に連想させる予告は、勘弁してほしいものです(面白さが半減…)
夏世を花嫁衣裳に着替えさせたのは兄弟なりの、航へのサプライズだったのだろう
「このっ…変人兄弟…!!」
と言いつつも花嫁衣裳に、まんざらでもない夏世。しっかりと航が夏世に告白して男を見
せたので、終わり方としては良かった。
スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fukukuru.blog34.fc2.com/tb.php/690-75cc5faf

 | HOME | 

プロフィール

竜崎

Author:竜崎
足のマッサージが得意です。w

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧


■ ブログ名:E-GOS

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

フリーエリア

b_02.gif

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。