全ての不可能を消去して、最後に残ったものが如何に奇妙なことであっても、それが真実となる

  変わっていくことを楽しみ 未来は自分で創るのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> ドラマ(感想) > 拝啓、父上様 第五話  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

拝啓、父上様 第五話

2007 - 02/08 [Thu] - 23:04

一平(二宮 和也)は家を飛び出した夢子(八千草 薫)の居場所を隠し続け、律子(岸本 加
世子)に明日から「坂下」に来なくていいと言われてしまう。竜次(梅宮 辰夫)に控室に連れ
出された一平は、夢子の居場所を白状。竜次は雪乃(高島 礼子)の店から夢子を連れ戻
す。激しく落ち込んだ一平は退職願を書き、時夫(横山 裕)に託す。翌日、憂うつな気分を
抱えて街をぶらつく一平がカフェへ行くと、レジ付近でもめている男女を目撃する。女性は
リンゴを落としたあの少女(黒木 メイサ)だった。彼女は一平に気付くと駆け寄り、彼の手を
取って走りだす。
あらすじ Yahoo!テレビより

シャク半さん(松重 豊)殴った理由…意味、分かりません。謎の少女は、“唐沢ナオミ”
って、思いっきり日本人な訳で、好意がある彼女の前で、見栄をはる一平の心理も何となく
理解(失笑)。エリ(福田 沙紀)の大胆発言に、タジタジの一平。その件で、来週も夢子さん
に突っ込まれるようで(笑)。死に際に清次郎(小林 桂樹)と交わした約束(「坂下」が新しく
なったら、板から離れる)
を竜二は、やはり筋を通して守るのかなぁ
スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fukukuru.blog34.fc2.com/tb.php/627-f98e6651

 | HOME | 

プロフィール

竜崎

Author:竜崎
足のマッサージが得意です。w

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧


■ ブログ名:E-GOS

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

フリーエリア

b_02.gif

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。