全ての不可能を消去して、最後に残ったものが如何に奇妙なことであっても、それが真実となる

  変わっていくことを楽しみ 未来は自分で創るのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> ドラマ(感想) > 土曜プレミアム踊るレジェンドドラマSP  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

土曜プレミアム踊るレジェンドドラマSP

2006 - 10/28 [Sat] - 23:44

【弁護士 灰島秀樹】
あらすじ
灰島(八嶋 智人)のもとに、1件の弁護依頼が持ち込まれる。依頼主は千葉県議会議員の
瀬籐(野村 宏伸)。彼は国と千葉県が準備を進めている海洋博覧会の開催に反対する原
告団の代表だった。そんな折、灰島はIT企業の社長、速水(長井 秀和)に呼び出される。
彼によれば、テーマパークを造る予定地を、海洋博覧会の開催地として国に取られたとい
う。速水は、博覧会を中止させてくれれば報酬(一億円)は出すと灰島に告げる。速水の依
頼を快諾した灰島法律事務所は、神ヶ浦町住民達の依頼を引き受ける振りをし、環境保護
運動を盾に世論を味方に付け、海洋博覧会を中止に追い込むシナリオを企てる。その後、
開催予定地で博覧会反対派の住民らと鉢合わせした灰島は、住民代表の淑子(石田 ゆり
子)に目を奪われてしまうのだが、その訳とは…。

今回もカエル急便が出てました。というより数秒でしたけど…(小包でw)
沖田(真矢 みき)が追っていた事件の犯人ですが、ピンクサファイヤヲタ。この時点で、も
しやと思ってましたが、やっぱり犯人は、ドラマシリーズ第5話『彼女の悲鳴が聞こえない
で恩田すみれ(深津 絵里)をストーキングし怪我を負わせた野口達夫(伊集院 光)でした。
(う~ん。マニアック?)

灰島 「真実じゃ金になんないからね」
訴訟パラノイヤと呼ばれる灰島にも、多少は人としての心が残っていたかに思えたが、最
後は、しっかり、海洋博覧会協会会長である安田(伊東 四郎)から、国が隠していた裏金2
億円を報酬として貰っていたり、何とも掴みどころのない奴です。スピンオフ映画からの更な
るスピンオフドラマだったのですが、思っていた以上に、面白かった。
スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fukukuru.blog34.fc2.com/tb.php/511-915232dd

 | HOME | 

プロフィール

竜崎

Author:竜崎
足のマッサージが得意です。w

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧


■ ブログ名:E-GOS

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

フリーエリア

b_02.gif

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。