全ての不可能を消去して、最後に残ったものが如何に奇妙なことであっても、それが真実となる

  変わっていくことを楽しみ 未来は自分で創るのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> ドラマ(感想) > アンフェア 第10話 『絶望の涙!黒幕と運命の対決へ…』 【感想】  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アンフェア 第10話 『絶望の涙!黒幕と運命の対決へ…』 【感想】

2006 - 03/15 [Wed] - 01:22


岩崎書房の森川(大高洋夫)、作家・久留米隆一郎(井上順)も殺され、犯行の動機が未だ解らず。
そんな中、意識を回復した蓮見(濱田マリ)は、あるサイトのアドレスを夏見(篠原涼子)に告げる。アン
フェアなのは誰か 警告 このサイトは、アンフェアな人間に罰を与える為に作られた、復讐サイトで 
ある  亡き友―瀬崎一郎、牧村紀世子、蓮見杏奈への尊敬と賞賛を。 管理人× それを管理してい
るのは、和夫だった。やはり、この3人はサイトで繋がっていたね。少なからずも私の推測は当たっていた。
ハズレも多かったが…(失笑)
 指名手配される和夫に、絶望的な思いを抱く夏見。安藤(瑛太)の前で「信
じてたものが、みんな崩れてく。みんな裏切ってく。もう誰も信じられない」
「僕は不器用に生きていく
貴方が好きです。強い雪平さんも弱い雪平さんも、笑ってる雪平さんも泣いている雪平さんも」「僕じゃダメ
ですか?僕じゃ迷惑ですか?」
抱き寄せる安藤。 精神的に弱っている女性程、落ちやすい状態に陥るが。
私の中では、安藤は限りなく灰色だ。


サイトにアクセスし和夫と連絡を取る夏見。呼び出した和夫を問いただす。「やっぱり貴方だったのね?」
「あのサイトの管理人は貴方だったのね?」
「お前、何いってるんだ?」「貴方が瀬崎、牧村、蓮見を結び
付け×マークの連続殺人事件を行っていたのね」「どうして?どうして、あんな事したの?正義の為?あ
たしへの恨み?復讐?」
「俺がそんな事をする訳、無いだろう」「証拠は揃ってるの」「もう逃げられない」
「うるさい」「お前は何も分かっちゃいない」その瞬間、互いに銃を向け合う二人。銃声が鳴り響き、和夫が
倒れる。 殺害の動機が、はっきりしない以上、夏見が和夫を射殺するという事はないだろう。まぁ、和夫も
誰かに、呼び出された感じだしねぇ。来週は最終回、本当の黒幕は誰なのか楽しみだ。

あらすじは、こちらオフィシャルサイト アンフェア
スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fukukuru.blog34.fc2.com/tb.php/226-9b6e345d

 | HOME | 

プロフィール

竜崎

Author:竜崎
足のマッサージが得意です。w

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧


■ ブログ名:E-GOS

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

フリーエリア

b_02.gif

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。