全ての不可能を消去して、最後に残ったものが如何に奇妙なことであっても、それが真実となる

  変わっていくことを楽しみ 未来は自分で創るのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> TVドラマ&雑記 > 輪舞曲 第7話 「新章突入」 【感想】  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

輪舞曲 第7話 「新章突入」 【感想】

2006 - 02/27 [Mon] - 01:00


「証拠となるデータは全て新しく書き直させました。これで神狗が行った犯罪の全ては龍一郎氏、一人の責
任となり警察は我々、幹部には手出しできません。全ては龍吾氏の判断によるものです」
龍一郎(杉浦直樹)
逮捕後の神狗には龍吾(速水もこみち)が実権を握ったようにみえるが、宋(橋爪功)が龍吾を利用している
だけに過ぎないだろう。24年前、琢己(竹野内 豊)の父親を殺したのは、龍一郎では無かった。となると琢己
の父親を殺したのは、宋の可能性が濃くなってきた。真の黒幕は、宋という事になるのかなユナ(チェ・ジウ)
は予想通り神狗のハッカーだった訳だが、宋がユナの父親だったとはねぇ(´A`)チェ・ギョンホ=宋
「あなたを失いたくないの。この世で一番怖いのは、愛する人を失うことよ」「大切な人を二人も失った、あなた
なら分かるでしょ?」「あなたを愛してるの。愛してるの。愛してるの」「どうしようもなく、あなたを愛してるの」

琢己に言ったユナ。しかし、正体がばれた後は「あなたを愛したことなど、一度もない」「ただの一度も」これは本
心なんだろうかだとしたら悪女だね…。。
あらすじは、こちらオフィシャルサイト 輪舞曲



雑記

寄り道をせずに、急いで真っ直ぐ帰る時に使ったのが“超特急で帰る”って言葉。最近、聞かないよね(失笑)
サザエさんを見ていたら、ワカメがフネに「超特急で帰ってくる」って言ってた。現在の子供でも使うのかねぇ
この言葉って、新幹線が出来る前に流行った言葉なのか!?ガキの頃に使っていた記憶があるんだが。(笑)
スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fukukuru.blog34.fc2.com/tb.php/206-7c8f5a9c

 | HOME | 

プロフィール

竜崎

Author:竜崎
足のマッサージが得意です。w

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧


■ ブログ名:E-GOS

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

フリーエリア

b_02.gif

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。