全ての不可能を消去して、最後に残ったものが如何に奇妙なことであっても、それが真実となる

  変わっていくことを楽しみ 未来は自分で創るのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 未分類 > 第7話感想  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第7話感想

2012 - 11/28 [Wed] - 23:10

相棒 Eleven
第7話「幽霊屋敷」
あらすじ

右京(水谷 豊)と享(成宮 寛貴)は、廃虚のような空き家に失踪人を
捜しに来る。その空き家では一昨年、昨年と行方不明になった子供
が発見されており、右京と享は内村刑事部長(片桐 竜次)から、3日
前から空き家を見に行ったままいなくなったという男性の捜索を命じ
られたのだ。

享は一瞬、幽霊らしい影を見たと思ったが、突然、外から大きな物音
が聞こえてくる。二人が裏庭へ出ると、外に人影などはなかったが、
土の色が変わっていることに右京が不審を抱く。土を掘り起こしたとこ
ろ、白骨遺体が発見される。

その後の近所への聞き込みから、かつて住んでいた家族の妻が自殺
したとの噂で、空き家は「幽霊屋敷」と呼ばれていることが分かる。


土地売買絡みの偽装失踪と自殺者になりかわったホームレスの話。
シーズン2 13話「神隠し」以来の松尾貴史演じるホームレス登場。
もう10年ですか、月日が経つのは早いです…。

行方不明の子供達の共通点とは、親が離婚しそうだとか、不仲だっ
たから。そう、シーズン2の話とリンクしてたんです。というか公園の
一郎が過去の話を少年にしたことで、子供等が真似たというのが
真相ですけど。

いつになくハイテンションの右京さん。四つん這いになって土を掘っ
ている姿は笑っちゃいました。

相棒 Eleven 第7話「幽霊屋敷」
スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fukukuru.blog34.fc2.com/tb.php/1681-d9901378

 | HOME | 

プロフィール

竜崎

Author:竜崎
足のマッサージが得意です。w

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧


■ ブログ名:E-GOS

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

フリーエリア

b_02.gif

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。