全ての不可能を消去して、最後に残ったものが如何に奇妙なことであっても、それが真実となる

  変わっていくことを楽しみ 未来は自分で創るのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> ドラマ(感想) > “ロスジェネ”群像劇  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“ロスジェネ”群像劇

2012 - 10/23 [Tue] - 23:22

遅咲きのヒマワリ~ボクの人生、リニューアル~
第1話
あらすじ

28歳の派遣社員・小平丈太郎(生田 斗真)は、正社員への登用を目前
に解雇されてしまう。そして、それが原因で恋人からも別れを切り出さ
れる。焦った丈太郎は仕事を探すが、自分を採用してくれそうな会社
は見つからない。そんな折、ネット検索で偶然見つけた高知県・四万十
市の「地域おこし協力隊」の募集ページに目が止まった。

同じ頃、大学病院で働く二階堂かほり(真木 よう子)は、出身地である
四万十の市民病院への異動を打診される。アメリカの研究所で働くこ
とが夢だったが、断ることはできなかった。

後日、丈太郎とかほりは、同じタイミングで四万十市の駅に降り立った。
飛行機の中でかほりを見かけていた丈太郎は声をかけるが、受け流さ
れてしまう。そんな丈太郎を迎えたのは、地元出身で「地域おこし協力
隊」の隊長・藤井順一(桐谷 健太)だった。一方、かほりには姉の島田さ
より(国仲 涼子)の迎えがあった。

順一に連れられ市役所の「地域おこし課」にやってきた丈太郎は、課長
の日下哲也(松重 豊)から地元の高齢者のサポートを頼まれる。そして、
案内された住居で、不動産会社の今井春菜(木村 文乃)を紹介された。

翌日、丈太郎は高齢者たちを市民病院へ送って行く。すると突然、ひと
りの女性の具合が悪くなる。診察室から現れた看護師の森下彩花(香椎
由宇)はすぐに、医師に声をかけた。そこにいたのは、かほりだった。お互
いを認めた丈太郎とかほりは…。


オープニングで出演者等が歌うというのは新鮮でした。唯一、ジャニーズ
で役者一筋の斗真くんが歌を歌っているではありませんか。しかも何気に
上手い。

メインの出演者等の演技、ストーリーの流れ、四万十の風景の綺麗さも良く、
フジ系列の秋のドラマでは、一番、面白いドラマですね。来週が楽しみ。

遅咲きのヒマワリ~ボクの人生、リニューアル~ 第1話
スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fukukuru.blog34.fc2.com/tb.php/1675-db81a321

 | HOME | 

プロフィール

竜崎

Author:竜崎
足のマッサージが得意です。w

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧


■ ブログ名:E-GOS

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

フリーエリア

b_02.gif

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。