全ての不可能を消去して、最後に残ったものが如何に奇妙なことであっても、それが真実となる

  変わっていくことを楽しみ 未来は自分で創るのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> ドラマ(感想) > 『リーガル・ハイ』 第5話  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『リーガル・ハイ』 第5話

2012 - 05/15 [Tue] - 23:43

リーガル・ハイ
第5話
あらすじ

古美門(堺 雅人)と黛(新垣 結衣)に、収賄罪で有罪判決を受けた大物
政治家・富樫(江守 徹)から弁護の依頼が来る。これまで富樫の窮地を
何度も救ってきた弁護士軍団が、控訴審で確実に勝てる自信がないと言
った難しい案件だ。古美門はすぐに依頼を受けず、考える時間が欲しいと
答える。

検察は、富樫に企業からの不正献金の疑いがあるとして、周辺を徹底的
に捜索したが、富樫の秘書・浅井(藤井 宏之)が自殺したことで事件は迷
宮入りすると見られていた。

しかし、浅井の部屋から献金を示すメモが見つかり、富樫の秘書たちが次
々と証言をしたことから富樫は有罪に追い込まれていた。黛は、判決を覆
すことは難しいと進言するが、今回に限って検察が簡単に証拠と証言をつ
かんだことに疑問を抱いた古美門は、特捜部の辰巳(津田 寛治)を訪ねる。

リーガル・ハイ 第5話

○主党の某政治家を連想してしまったのは私だけだろうか。まぁ、あの方
は、有罪になっていないけどね。

あの嫌味なまでの陰険さと、狡賢さが持ち味だった古美門の性格が薫と組
んでから、へタレ要素が増えつつあるような…。。

古美門等にヒントになる情報を教えたり、沢地(小池 栄子)は何を企んでい
るんだろうねぇ。というか、相当の格闘技術も持ち合わせているようで、ただ
の秘書とは思えないんだけど。

今回、特捜の辰巳と法廷での争いは無かったけれども、何か含みのある終
わり方にも思えたので、また出てくるかもね。

酔っ払っても、しっかり情報収集してくる薫。古美門に絡むシーンは、可愛
かった。散々、振り回しておいて最後に寝てしまったのには笑ったけど。
スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fukukuru.blog34.fc2.com/tb.php/1643-4f9cdf00

 | HOME | 

プロフィール

竜崎

Author:竜崎
足のマッサージが得意です。w

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧


■ ブログ名:E-GOS

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

フリーエリア

b_02.gif

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。