全ての不可能を消去して、最後に残ったものが如何に奇妙なことであっても、それが真実となる

  変わっていくことを楽しみ 未来は自分で創るのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> ドラマ(感想) > 『リーガル・ハイ」 第2話 前回に比べると…  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『リーガル・ハイ」 第2話 前回に比べると…

2012 - 04/24 [Tue] - 23:45

リーガル・ハイ
第2話
あらすじ

古美門(堺 雅人)の法律事務所に、パンクロッカー・荒川ボニータ
(福田 沙紀)とジャンゴジャンゴ東久留米(窪田 正孝)が訪ねて来る。
二人は、柊しずか(友近)が歌う大ヒット曲「あれは恋でした」が、自分
たちが作った曲の盗作だと主張する。古美門と黛(新垣 結衣)は、彼
らのライブで問題の曲を聴く。激しいパンクに顔をしかめる古美門に
対し、乗り乗りの黛は、確かに盗作だと言いだす。

事務所に戻り、報酬を尋ねる古美門にボニータは、自分たちが出せ
るのは3万円くらいと答える。話にならないと言う古美門に服部(里見
浩太朗)が、裁判になれば柊しずかに会えるかもしれないとささやく。
すると、柊のファンの古美門は、着手金はいらないと手のひらを返す。

リーガル・ハイ 第2話


結局のところ、パンクロッカーの元メンバーだった女性も、葛西サトシ
(鶴見 辰吾)のゴーストライターの一人だったんですね。ポニータの
才能を嫉んでの盗作だったようですが…。

しかし、薫ちゃん…がに股に加えて音痴って(爆)

最後に古美門が三木(生瀬 勝久)のことで、何かを思いつめている
のかと思いきや…

古美門 「結局、柊しずかに会えなかった…。
そっちかい…

何気にストーリーに盛り込んでいるといえば、写真とCDを送ったとい
う件で、国民的美少女コンテストって言ってたけど、福田沙紀ちゃん
って2004年の同コンテストで、演技部門賞を受賞しているんだよね。

初回の内容が良かったので期待して観ていたのですが、少しパワー
ダウンしている様に感じたのは私だけだろうか。まぁ、コメディータ
ッチが持ち味なんだけども、もっと法廷での緊迫感が欲しいかな。
スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fukukuru.blog34.fc2.com/tb.php/1633-a818075d

 | HOME | 

プロフィール

竜崎

Author:竜崎
足のマッサージが得意です。w

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧


■ ブログ名:E-GOS

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

フリーエリア

b_02.gif

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。