全ての不可能を消去して、最後に残ったものが如何に奇妙なことであっても、それが真実となる

  変わっていくことを楽しみ 未来は自分で創るのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> ドラマ(感想) > 「相棒season10」 最終話  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「相棒season10」 最終話

2012 - 03/21 [Wed] - 23:58


最終話 「罪と罰」
あらすじ
「バイオテクノロジー研究所」の主席研究員・郁子(真野 響子)が
法律で禁止されているクローン人間の制作に手を染めている疑惑
が浮上。所轄する文科省に告発文を送りつけたのは、郁子の息子
で聖職者の隼斗(窪塚 俊介)だった。

しかし、隼斗は総理補佐官の雛子(木村 佳乃)と元警視庁副総監
の長谷川(國村 隼)に呼び出され、これ以上この問題に関わらない
ようくぎを刺される。右京(水谷 豊)と尊(及川 光博)は、やり切れな
い思いから公園で演説を始めた隼斗の話を偶然聞き、興味を抱く。
その後、隼斗が他殺体で見つかる。
やがて真相へと近づくのだが、その解決方法をめぐって2人は…。

相棒season10


ミッチーが相棒を卒業ってことで、どういう風に神戸が特命を去る
のだろうか気になっていたんですが、不本意ながらも警察庁に戻
ることになる神戸。職務を犯してまで守ろうとした命だったけども
結局、裁判中に茜(浅見 れいな)はお腹の子を死産してしまうと
いう何とも後味の悪い結果…。
スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fukukuru.blog34.fc2.com/tb.php/1623-77c971ed

 | HOME | 

プロフィール

竜崎

Author:竜崎
足のマッサージが得意です。w

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧


■ ブログ名:E-GOS

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

フリーエリア

b_02.gif

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。