全ての不可能を消去して、最後に残ったものが如何に奇妙なことであっても、それが真実となる

  変わっていくことを楽しみ 未来は自分で創るのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> ドラマ(感想) > 6話 「坂本龍馬の闇」 プチ感想  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6話 「坂本龍馬の闇」 プチ感想

2011 - 05/23 [Mon] - 22:55

JIN~仁~』
第6話 「坂本龍馬の闇」
あらすじ
ペニシリンの普及のため、仁(大沢 たかお)は長崎の精得館で講義
をするが、周りの反応は冷たかった。仁はペニシリンを広めるため
だけではなく、実は龍馬(内野 聖陽)に会い、暗殺の事実を伝える
ために長崎まで来ていた。しかし龍馬には会えず、半ば諦めてい
た時、突然龍馬が仁の前に現れ、仁をある患者のもとに連れていく。

患者はイギリス商人のグラバーという人物だった。目を切り付けら
れたグラバーを治してほしいという龍馬の頼みを受け入れ、仁は
治療を始める。ようやく龍馬に会えたものの、そこで出会った龍馬
は仁の知っている龍馬ではなかった。龍馬はグラバーから武器を
手に入れ、幕府と戦争をする長州に武器を売り、金もうけをしてい
たのだ。

今、目の前にいる命(敵味方関係なく)を救おうをする仁。
方や、どんなに良い考えを持っていても殺されてしまったら、それ
まで。世を動かすには、まずは相手を力で従わせ考えを述べる事
も出来ない。その為の戦いだという龍馬。

互いに日本という国を良くする為に、戦っているという二人の意見
が割れてしまう。

生まれた時代や環境が違えば考え方にずれが出るのは、致し方
ないのかも知れません。


友が歴史の渦に飲み込まれているなら、目的地を見失わぬよう明
るく輝く道標であれ。

田中久重(浅野 和之)の言葉に救われ、医療という光がいつか誰
かの道標となることもあるかもしれないと願う仁なのでした。


田中久重って方は、後の東芝 創設者なんだそうだ。最初、無尽灯
を作った人って聞いた時に“無人島”?だと一瞬、勘違いしてました(笑)
スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fukukuru.blog34.fc2.com/tb.php/1566-45a38639

 | HOME | 

プロフィール

竜崎

Author:竜崎
足のマッサージが得意です。w

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧


■ ブログ名:E-GOS

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

フリーエリア

b_02.gif

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。