全ての不可能を消去して、最後に残ったものが如何に奇妙なことであっても、それが真実となる

  変わっていくことを楽しみ 未来は自分で創るのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> ドラマ(感想) > 愛しき人とは未来の事を指すのだろうか?  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛しき人とは未来の事を指すのだろうか?

2011 - 05/02 [Mon] - 21:30

JIN~仁~
第3話 「さらば愛しき人」
あらすじ

皇女和宮(黒川 智花)に献上した"安道名津"にヒ素を塗った疑いを
掛けられ、毒殺未遂の容疑で牢(ろう)屋敷に入れられた仁(大沢 た
かお)と咲(綾瀬 はるか)。仁はそこで牢名主(宇梶 剛士)たちからの
執拗(しつよう)な仕打ちや、役人たちからの厳しい拷問を受ける。

そのころ勝(小日向 文世)と龍馬(内野 聖陽)、恭太郎(小出 恵介)は
辰五郎(中村 敦夫)の協力を仰ぎ、幕府に仁を助けるよう働き掛け
ていた。一方、こうなったのは医学館のせいだとする佐分利(桐谷
健太)ら仁友堂の面々は、福田(佐藤 二朗)を責め立てる。福田は
多紀(相島 一之)にもう一度、安道名津を調査してほしいと懇願する。
そんな中、洋装の野風(中谷 美紀)が突然、咲の前に現れる。


あの痛そうな拷問って石抱きっていうらしい。最終的には十枚にまで
なるそうである。六、七枚にもなると死に至る場合も少なくなかったと
か…。

先週の予告で野風が洋装していたのは、ツル(牢屋で慣例化されて
いた賄賂)を工面するため、フランス人貿易商ジャン・ルロンに身受
けしたからだったのですね。

砒素を茶に盛った犯人は、Season1の終盤で野風の岩(乳癌)を見抜
けず、藩医として仁に顔を潰された三隅俊斉(深水 三章)でした。今
後も何かを企てそうな感じです。

しかしなんですなぁ。咲に仁がプロポーズするとは予想だにしてま
せんでした。というか、あっさり振られてましたけど……(汗)

その後、咲が仁の下を去り恭太郎の前で泣き崩れ
「自分だけ幸せになど、なれるわけがない」
その言葉を聞いた時に、そういう事かと理解し、切ない気分になって
しまいました。
スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fukukuru.blog34.fc2.com/tb.php/1563-a97c88e8

 | HOME | 

プロフィール

竜崎

Author:竜崎
足のマッサージが得意です。w

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧


■ ブログ名:E-GOS

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

フリーエリア

b_02.gif

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。