全ての不可能を消去して、最後に残ったものが如何に奇妙なことであっても、それが真実となる

  変わっていくことを楽しみ 未来は自分で創るのナビゲーター   トップページ > ドラマ(感想) > DCA(方向性冠動脈粥腫切除術)  

DCA(方向性冠動脈粥腫切除術)

2010 - 10/15 [Fri] - 23:29

医龍3
KARTE:01 「あの伝説のチームが遂に復活!!心臓がなくなる…
史上最悪の超難手術に挑む朝田の前に最強の敵が立ち塞がる」
あらすじ

“医龍 こと朝田龍太郎(坂口 憲二)が、明真大学付属病院を去って
から数年 。

明真はかつての野口賢雄(岸部 一徳)のスキャンダルで患者が激
減、外科医のレベル低下により訴訟が絶えないなど信用は地に落
ちていた。新学長となった鬼頭笙子(夏木 マリ)は記者会見で教育・
臨床・研究を柱に明真の再建を目指すと宣言する。同じ頃、アメリ
カでは加藤晶(稲森 いずみ)が幼い少女の心臓移植を成功させ、外
国人教授たちを驚愕させていた。そして、とある戦地では朝田が爆
撃により負傷した女性の治療にあたっていた。

明真のERにバイク事故により川に放り出された患者が運び込まれ
てきた。すぐにオペに入る伊集院登(小池 徹平)と木原毅彦(池田
鉄洋)だが、手のくだしようのない状況に諦めようとしたその時、オ
ペ室に朝田が現れた。朝田はオペ続行を告げ、見事な手腕で成功
させる。見学室では、その一部始終を鬼頭と加藤が見つめていた。
さらに鬼頭は藤吉圭介(佐々木 蔵之介)が勤める病院を訪れ、明真
に戻り再生医療研究を完成させるよう説得。明真でチームドラゴン
の復活が噂される中、荒瀬門次(阿部 サダヲ)は、1年前に執刀医
のミスにより患者を死なせてしまった事件以来、オペには入らなく
なっていた。

藤吉の依頼で、明真に17歳の菅谷有希奈(桜庭 ななみ)が転院し
てきた。有希奈は極めて珍しい心臓の病気で、どこの病院でも外
科的治療は不可能と診断されていた…。


冒頭の藤吉の荒瀬が死ぬような思わせぶりなナレーション。左冠
動脈主管部狭窄による心筋梗塞で生死を彷徨いますが、荒瀬の
命を救ったのは、朝田ではなく、野口がアメリカから連れてきたカ
テーテル医・黒木慶次郎(遠藤 憲一)でした。

今回は、里原ミキ(水川 あさみ)を除いた第1ステージのチームド
ラゴンのメンバーが集結。やる気なさげの新人研修医である真柄
冬実(谷村 美月)がミキの代わりになるんでしょうかねえ

にしても、野口(岸部 一徳)は、しぶとい……。アロワナが入って
いる水槽が出てきた時には、キタこれって思ったけど(笑)

左冠動脈主管部狭窄とか、心臓パナガングリオーマなど聞きなれ
ない病名や医学用語は、よく分かりませんが相変わらず手術シー
ンは緊迫感があり、クオリティーも高い。あっという間の2時間8分で
した。
スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fukukuru.blog34.fc2.com/tb.php/1538-e32da795

 | HOME | 

プロフィール

竜崎

Author:竜崎
足のマッサージが得意です。w

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧


■ ブログ名:E-GOS

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

フリーエリア

b_02.gif