全ての不可能を消去して、最後に残ったものが如何に奇妙なことであっても、それが真実となる

  変わっていくことを楽しみ 未来は自分で創るのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> ドラマ(感想) > チョッと感想が脱線してます(笑)  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チョッと感想が脱線してます(笑)

2010 - 08/26 [Thu] - 22:55

ジョーカー~許されざる捜査官~
CRIME 7 「模倣犯現る…間違った正義」
あらすじ

ある男が殺害され、遺体のそばに「悪人に制裁を」と書かれたカー
ドが残されていた。伊達一義警部(堺 雅人)、鑑識課の久遠健志
(錦戸 亮)は、自分たちが行っている制裁行為を真似た模倣犯か
と予想する。

しかし、制裁行為は一般に報道されていないため、警察の人間
の犯行ということになる。そんな折、根津健太(山中 崇)という男
性の遺体が発見された。根津は、後頭部を強打され死亡したが、
現金が奪われていたため、新人刑事の宮城あすか(杏)は、通り
魔の可能性を示唆する。

一方の伊達は、根津のズボンのポケットの裏地が出ていること
が気になる。同じタイミングで、ポケットから何かが抜き取られた
形跡があると指摘する者がいた。伊達とコンビを組むことになっ
た所轄の刑事課の日向光明(忍成 修吾)だった。
 
翌日、伊達は日向と根津の妻・美代子(尾野 真千子)から事情を
聞く。美代子は、根津には仕事以外に悩みはなかったと証言。し
かし、日向が食い下がると、根津の弟・忠士(遠藤 要)が金の無心
のため頻繁に連絡をしてきていたことに頭を悩ませていたと明かす。
美代子に日向は、忠士が犯人なら殺してやりたいか、と尋ねる。
 
根津の殺害現場付近で鉄パイプが見つかり、忠士が取り調べられ
ることに。状況証拠から刑事たちは忠士を自白させようとするが、
伊達は忠士が犯人でないと断定する。


被害者家族の恨みをはらすという意味では、伊達等が行ってい
る"神隠し"も日向にしてみれば同じにみえるのだろうが、それを
正義といってしまう日向の理屈は、やはり間違っていると思う。
例え極悪人だとしても、殺害した時点で同類だと思うから。

まぁ、伊達等が行っている"神隠し"も犯罪なんだけれども(失笑)


ところで、捜査一課ってノンキャリしかなれないんだってね。ノンキ
ャリで出世して階級が上がったとしても警部あたりで定年を迎える
人が多いみたい。井筒(鹿賀 丈史)の階級は警視正なので、異例
の出世といえます。超難関の国家l種に合格し警察庁に採用され
たキャリアと呼ばれる あすかは、本当は凄い人なのです。
スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fukukuru.blog34.fc2.com/tb.php/1526-dec250f8

 | HOME | 

プロフィール

竜崎

Author:竜崎
足のマッサージが得意です。w

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧


■ ブログ名:E-GOS

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

フリーエリア

b_02.gif

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。