全ての不可能を消去して、最後に残ったものが如何に奇妙なことであっても、それが真実となる

  変わっていくことを楽しみ 未来は自分で創るのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> ドラマ(感想) > 来週は、まさかの最終回  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

来週は、まさかの最終回

2010 - 06/29 [Tue] - 22:50

月の恋人〜Moon Lovers〜
第7話 「二人だけの同窓会」
あらすじ

自社モデルとのスキャンダル、製品の事故…。そして、上海工場
の不当労働までもが表面化することで『レゴリス』社長、葉月蓮介
(木村 拓哉)は窮地に立たされる。しかも、側近の蔡風見(松田 翔
太)はライバル会社『マストポール』の社長、大貫照源(長塚 京三)
と裏で手を結び、『レゴリス』幹部も味方につけ、蓮介を失脚させ
ようとしていたのだ。

蓮介が風見の思惑に気づいた時は、もはや手遅れだった。風見
は手はずどおり、定例会議で蓮介の解任動議を提案。反対する
幹部はなく、新社長に風見が推挙される。抵抗するかに思われた
蓮介だが、取締役会に諮られるまでもなく、あっさりと社長の座を
退き、心配する二宮真絵美(篠原 涼子)に礼を述べて会社から去
って行った。

社長就任挨拶で、風見は『マストポール』との提携を発表。パー
ティーの席で、真絵美はシュウメイ(リン・チーリン)の居場所を風
見に問うのだが、知らないと答える風見。また、真絵美は自分に
接近したのも、蓮介を陥れるためかと問い詰める。すると、風見
はそれを否定し『レゴリス』に残って欲しいと真絵美に頼んだ。

社長を解任されて以来、蓮介の行方は分からなくなる。シュウメ
イも姿を見せない。父、照源の汚い手口でいなくなってしまったと、
柚月(北川 景子)はある行動に出る。そして、真絵美も蓮介の行方
を求めて…。


タイトル通り、蓮介と真絵美がメインのストーリーでした。どうでも
いいことですが、二人の母校である大学の学内で二人が泊まる
というシーンがあったのですが、あれって無許可で泊まったんで
しょうかねえ

今回、シュウメイは出ないかと思っていたら、最後の最後に登場。
上海に帰っていたかと思いきや、ホテルの一室に。そこには何と
風見が!!。しかも、仕事への復帰をシュウメイに命令…

8話で最終話とはねえ。低視聴率の影響でしょうか。最終回を
2時間(2時間15分)で放送するのは月9史上初の試みのようです
が、果たして視聴率にどう影響するか。
スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fukukuru.blog34.fc2.com/tb.php/1496-05bc6858

 | HOME | 

プロフィール

竜崎

Author:竜崎
足のマッサージが得意です。w

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧


■ ブログ名:E-GOS

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

フリーエリア

b_02.gif

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。