全ての不可能を消去して、最後に残ったものが如何に奇妙なことであっても、それが真実となる

  変わっていくことを楽しみ 未来は自分で創るのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> ドラマ(感想) > 第11話 「最終章 渾身~後編」を見て  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第11話 「最終章 渾身~後編」を見て

2010 - 06/24 [Thu] - 23:46

臨場
第11話 「最終章 渾身~後編」
あらすじ

自殺した女子高校生:皆川美咲の父親:皆川修二を殺した容疑者
として、清美(遊井 亮子)が捕まった。清美は花を手向けようと美咲
が自殺した現場に出掛け、そこで皆川と鉢合わせしたという。皆川
に激しく責められた清美は、殺すつもりはなかったが思わず突き落
としたと話す。皆川は16年前に永嶋(平山 浩行)の父親を殺した犯
人だった。倉石(内野 聖陽)は16年前の殺人現場を思い出す。

そんな中、清美が永嶋の父親を殺したもう一人の犯人をかばって
いる可能性が出てくる。容疑者として、当時永嶋の父親のゼミで
学んでいた清美の夫、北村(大浦 龍宇一)が浮上するが、決定的
な証拠がない。そしてもう一人、皆川の高校時代の友人で、清美
の兄の純一(山田 純大)が捜査線上に浮かぶ。だが純一は公園で
変死体となって発見される。


幼い頃から、純一の将来を案じて厳しく接してきた大庭(竜 雷太)
の親心は、逆に純一の精神を追い詰めていたのでした…。

16年前の事件のことで、長嶋と揉み合ったことを知った大庭は、
純一を問い詰めて息子が犯人の一人だったと知ってしまいます。

そして、息子である純一を刺し殺してしまう大庭…

しかし、長嶋の父親を殺害に至った経緯には、こんな理由が

幼い頃に父親からもらった巾着袋…。純一には大事な物だった
だけに、危険を冒してでも取り返したかったんでしょうね。しかし
皆川が、時計や現金が入った封筒を持ち去ろうとした時に長嶋
の父親が部屋に戻ってきてしまった。結果的に皆川が手持ちの
ナイフで殺害してしまうワケですが…。。

16年前の犯した殺人事件…時効成立後の一度だけの電話のやり
取りが、事件を犯した当事者そして、その家族までを不幸にしてし
まう結果となってしまいました。
スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fukukuru.blog34.fc2.com/tb.php/1494-cc3e9dd3

 | HOME | 

プロフィール

竜崎

Author:竜崎
足のマッサージが得意です。w

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧


■ ブログ名:E-GOS

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

フリーエリア

b_02.gif

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。