全ての不可能を消去して、最後に残ったものが如何に奇妙なことであっても、それが真実となる

  変わっていくことを楽しみ 未来は自分で創るのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> ドラマ(感想) > 原作とドラマでは、どちらが面白いのだろうか?  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原作とドラマでは、どちらが面白いのだろうか?

2010 - 06/21 [Mon] - 23:28

新参者
最終話 「人形町の刑事」
あらすじ

峯子(原田 美枝子)殺人事件の重要参考人として、松宮(溝端 淳平)
と加賀(阿部 寛)は、動機があり、しかもアリバイのない元夫の清瀬
(三浦 友和)に日本橋署まで同行を求めた。同時に、事件当日に被
害者と一緒にいるところを目撃されている克哉(速水 もこみち)も署
に呼ばれる。

清瀬が克哉に金を渡していたという証言もあり、二人は共犯かもし
れないというのが警察の見方だった。共犯の疑いがある克哉は
「峯子さんとは6年前に会ったのが最後だ」と言っていたが、それ
は嘘だった。 しかも自分の息子のためにフィギュア専門店に行っ
ていたのに、そこにも行っていないと偽っている。

加賀は克哉の数々の嘘を見抜き、事実を証言するよう迫った。
克哉の贅沢な生活、清瀬から受け取った現金、 事件当日の峯子
への訪問…。なぜ、克哉は嘘をついているのか。清瀬の隠し事と
はいったい何か。 峯子殺人事件とのつながりはどこにあるのだろ
うか? 真犯人は元夫の清瀬か? それとも顔見知りの克哉なのか?


第9章 「民芸品店の客」の感想で書いた最終話に関する予想は
中途半端に当たってました(失笑)

投資に失敗した克哉が会社の金を8千万を使い込んでしまい、泣
きつかれた岸田(笹野 高史)。このままでは、息子は犯罪者になっ
てしまう…。ただ息子を守りたかったという親心から、数年前から5千
万ほど清瀬の会社の金を横領していた。

そんな中、峯子を殺害する2週間前、峯子から祐理(マイコ)につい
て「愛人ではないか」という相談を受けた岸田。

もし離婚前から愛人関係にあったとしたら、慰謝料を請求できるの
ではないか。その為に清瀬の会社の税金対策の為に作った峯子
名義になっている別会社の口座がどうなっているかと問い詰めら
れ、会社の金を横領していたのが発覚するのを恐れた岸田は峯
子の殺害を企てたのでした。

ただ犯人を追い詰めるだけではなく、事件を通して事件関係者や
被害者親子の心を解す加賀恭一郎という刑事は、凄いなという
のが感想です。結局、たい焼きは買って食べる事は、出来ません
でしたね。朝ズバッ!で最終話の番宣で阿部さん本人は、たい焼
きを食べてましたけど(笑)

新参者新参者
(2009/09/18)
東野 圭吾

商品詳細を見る
スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fukukuru.blog34.fc2.com/tb.php/1492-efd2e016

 | HOME | 

プロフィール

竜崎

Author:竜崎
足のマッサージが得意です。w

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧


■ ブログ名:E-GOS

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

フリーエリア

b_02.gif

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。