全ての不可能を消去して、最後に残ったものが如何に奇妙なことであっても、それが真実となる

  変わっていくことを楽しみ 未来は自分で創るのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 雑記 > 嘘の証言  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嘘の証言

2010 - 06/03 [Thu] - 23:43

臨場
第8話 「証言」
あらすじ

マンションの非常階段で女性の変死体が発見された。倉石(内野 聖陽)
らの検視で、女性の体には殴られたような古傷があり、手首には圧迫痕
があることが分かる。女性は靴を履いていたが、かかとには新しい擦り
傷があった。突き落とされた際に脱げた靴を、彼女が死んだ後に誰かが
履かせたらしい。倉石は他殺と断定し、立原(高 嶋政伸)らは捜査を開
始する。

通報したのは、水漏れ調査のため現場近くの地中探査をしていた通称
"フクロウ隊"。鉄階段を何かが転がり落ちる音を聞いて現場に駆け付
け、女性の遺体とその息子の周平(下田 翔大)を見つけたという。周平
は一ノ瀬(渡辺 大)に、離婚した父親の小菅(村井 克行)が母親を殺した
と証言する。


マル害:真弓が階段から転げ落ちてから、逃走したと思われる犯人の
足音が、事件のあった晩より、実験で検証した時の方が長かった。事件
の晩に聞いた足音は、5~6歩だったという"フクロウ隊"の一人の証言。

犯人は裏口のドアを自由に開けることができ、尚且つ防犯カメラに映ら
ずに逃げることが出来る人間。

真弓の手首に残っていた圧迫痕、あれは犯人の左手で摑まれた痕、小
指だけ他の指より圧迫されていることから、長く剣道をやっていると無意
識の内に左の小指に力が入ると言い、岩瀬を追い詰めます。

管理人室に飾ってあった絵に剣道着と竹刀を持った岩瀬が描いてある
のを見た辺りから、岩瀬が犯人だと確信していましたが、動機は何だっ
たんだろうと考えてたんですけど、単純でしたね。

最初は同情で周平を看ていた岩瀬。岩瀬がお父さんなら良かったと周
平が言っていたと真弓から聞かされ、自分は周平からしてみれば、おじ
いちゃんでしょうと謙遜気味に言うと、真弓は「いいえ」と笑みで答えたの
を真に受けてしまった。事件の晩、心配した周平の担任がドアの隙間に
挟んだメモを見て嬉しそうな顔をする真弓を見た岩瀬は嫉妬に駆られ真
弓につめ寄るが、「勘違いしないで下さい」という言葉に逆上して突き落と
したのでした。


社交辞令で言ったとしても、言動は気をつけないと真に受けてしまう人も
いる。異性なら特にね…。


真弓が死んだ後に靴を履かせたのは、息子の周平だったんですね。その
理由が何とも涙を誘うものでした。
スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fukukuru.blog34.fc2.com/tb.php/1478-6147ddc1

 | HOME | 

プロフィール

竜崎

Author:竜崎
足のマッサージが得意です。w

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧


■ ブログ名:E-GOS

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

フリーエリア

b_02.gif

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。