全ての不可能を消去して、最後に残ったものが如何に奇妙なことであっても、それが真実となる

  変わっていくことを楽しみ 未来は自分で創るのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> ドラマ(感想) > また怪物くんをスルーしてしまった…  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

また怪物くんをスルーしてしまった…

2010 - 05/23 [Sun] - 22:01

土曜プレミアムシバトラ~さらば童顔刑事スペシャル!
最後の事件はスゴすぎる!!

「刑務所爆破…仲間との悲しき別れ…容疑者シバトラが逃亡する!
真犯人は警察内部に?予測不能の最終決着」

少年犯罪に立ち向かう刑事が容疑者と共に爆破事件の真相に迫る。
安童夕馬、朝基まさし原作、武藤将吾脚本、佐藤祐市演出。
あらすじ

"シバトラ"こと竹虎(小池 徹平)は横浜みなみ署の生活安全課少年
係の刑事。ある日、竹虎はさまざまな事件を起こした"鬼神事件"の
首謀者で少年刑務所に収容されている女子高生の美月(大後 寿々
花)の面会に行く。美月は1週間後に仮出所する予定だった。

そんな折、時限爆弾を使った爆破事件が発生。捜査1課課長の岩崎
(加藤 雅也)は生活安全課の少年係係長のさくら(真矢みき)と組み、
横浜みなみ署内に特別捜査本部を設置。竹虎も捜査1課の弥生(加
藤 あい)と共に捜査に当たる。

程なく、五十嵐(溝端 淳平)という受刑者が容疑者として浮上する。
五十嵐は5年前に大学病院を爆破した罪で少年刑務所に入っていた。
しかし五十嵐は何者かが自分をはめようとして起こした事件だと主張
し、その証拠を見せると言いだす。竹虎は五十嵐の言葉を信じ、岩崎
のもとから五十嵐を連れ出して逃走する。


ネタバレを含みます。


ドラマ「シバトラ」では、美月って重要人物だったので、まさか死んで
しまうとは…。

今回も、さくらが怪しいと匂わせておいて犯人じゃないみたいな(笑)

五十嵐をはめたのは、5年前に大学病院爆破事件で亡くなった人達
の家族等で、主謀者は岩崎。彼もまた、元妻と娘を爆破事件で失っ
た一人でした。

少年法のあり方、被害者家族の行き場の無い想いとか、メッセージ
性が強かったように感じました。
スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fukukuru.blog34.fc2.com/tb.php/1469-01c8f02d

 | HOME | 

プロフィール

竜崎

Author:竜崎
足のマッサージが得意です。w

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧


■ ブログ名:E-GOS

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

フリーエリア

b_02.gif

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。