全ての不可能を消去して、最後に残ったものが如何に奇妙なことであっても、それが真実となる

  変わっていくことを楽しみ 未来は自分で創るのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> ドラマ(感想) > わが家の歴史(プチ感想)  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わが家の歴史(プチ感想)

2010 - 04/12 [Mon] - 23:39

フジテレビ開局50周年記念ドラマ 『わが家の歴史

昭和2年から昭和39年までの激動の時代を明るく生き抜いた、八女
(やめ)家の人々の物語を描いた三谷幸喜脚本によるホームドラマ。
大筋となる部分はフィクションだが当時の風俗や出来事、実在の人
物等が八女家とそれを取り巻く人々の視点を通して多数登場する。



時次郎(西田 敏行)と、つるちゃん(大泉 洋)のキャラ濃すぎ(笑)

そういえば、1~2歳の八女実の役は、加藤憲史郎クンといって、6
~10歳を演じた加藤清史郎クンの実の弟だったそうな。

3夜連続とも録画して見た。飽きさせないストーリーで実に面白かっ
たです。結局、役所広司さんは一度も出演しませんでしたねえ。
スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fukukuru.blog34.fc2.com/tb.php/1443-3a9bd906

 | HOME | 

プロフィール

竜崎

Author:竜崎
足のマッサージが得意です。w

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧


■ ブログ名:E-GOS

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

フリーエリア

b_02.gif

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。