全ての不可能を消去して、最後に残ったものが如何に奇妙なことであっても、それが真実となる

  変わっていくことを楽しみ 未来は自分で創るのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> ドラマ(感想) > 罪を憎んで人を憎まず  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

罪を憎んで人を憎まず

2010 - 03/17 [Wed] - 23:39

泣かないと決めた日
最終話 「今夜ついに完結!はい上がる女伝説!」

あらすじ


角田美樹(榮倉 奈々)は、救急車で運ばれた佐野有希子(木村 佳乃)
に付き添って病院へ。まもなくして、桐野征治(藤木 直人)もそこに駆
けつける。その後、有希子は急性アルコール中毒であったとの診断を
受ける。そんな折、部長・梅沢仁(段田 安則)に呼ばれた美樹は、「仲
原翔太(要 潤)との間に不適切な関係があるのでは」と問い詰められる。
美樹が否定しても梅沢は信じず、桐野の説得で、その場は解放される。

その夜、有希子は美樹に、以前、社内いじめのターゲットだった山内静
香(柳沢 なな)に会い、彼女がいまだに自分を恨んでいることにショック
を受け、アルコールに走ったことを打ち明ける。それを聞いた美樹は静
香に会いに行き、有希子が静香を傷つけてしまったことを悔やみ、苦し
んでいると伝える。同じ頃、藤田千秋(片瀬 那奈)は偶然、一連の事件
の犯人が美樹ではなく、立花万里香(杏)だったと知る。千秋は仲原に
もそのことを知らせる。

新商品をクライアントに紹介するためのフェア当日、運送業者から食材
を受け取った美樹は、その量の少なさに愕然とする。手違いがあったの
か、すべての食材の桁が間違っていたのだ。怒った中華料理シェフの中
村(今井 雅之)は、「従業員たちを連れて帰る」と言い出す。頭を下げ、
必死に引き止める美樹を見ていた千秋らも協力し、なんとか中村を思い
とどまらせた。その後、全員で食材探しに奔走することに。そんな様子を
西島賢治(五十嵐 隼士)が苦々しい思いで見ていた…。



まるで社内いじめ、犯罪行為を犯した事など無かったような終わり方だ
ったけど、美樹の性格や人格それと器の大きさがあったからこそ、全て
が丸く収まったのであって、社内いじめ、特に犯罪行為を犯した人間が
許されたワケではないと思う。理由が何であれ、美樹をガラスの破片で
襲った万理香なんて決して許される行為じゃないのにお咎めなしとか、
ましてや仲原が万理香に、ふたりでやり直そうと言った時には、ありえな
い展開で、釈然としないものもありましたけど、美樹がハッピーエンドで
終えて良かったとかなと。
スポンサーサイト

No title

はじめまして!私もこのドラマ、突っ込みどころ満載で興味本位で見ていたので、最後のジェットコースターが失速した感がつまらないものにしてしまったと思ったのですが、Lさんの「罪をにくんで・・・」の発想、ホントだな!と思って飛んできました!!

山内が佐野を許して、仲原が万里香を許して、美樹がみんなを許して、そうやって許せる人間だけが選ばれた人間として成長していく・・・、みたいな感じですか?なんか熱心なキリスト教信者みたいだけど。
気がつけば、フジキだけが正常で、なにもかもお見通しだったなと、また突っ込みたくなりますね。

No title

かおがおさん、初めまして!
ドラマの感想に関してコメントして頂いてありがとうございます。
熱心なキリスト教信者という発想に、なるほどと思っちゃいました。
社内いじめをテーマに美樹が成長していくドラマで、どういう風な
描き方をするのかと毎週、見ていました。現実的には、考え難い
展開が多いドラマでしたよねえ。

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fukukuru.blog34.fc2.com/tb.php/1420-9d484457

 | HOME | 

プロフィール

竜崎

Author:竜崎
足のマッサージが得意です。w

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧


■ ブログ名:E-GOS

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

フリーエリア

b_02.gif

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。