全ての不可能を消去して、最後に残ったものが如何に奇妙なことであっても、それが真実となる

  変わっていくことを楽しみ 未来は自分で創るのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> ドラマ(感想) > 一緒に遊ぼうよ、藤丸君♥  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一緒に遊ぼうよ、藤丸君♥

2010 - 03/14 [Sun] - 14:56

ブラッディ・マンデイ Season2
第8話 「全真相が遂に!!首謀者は!? 原発とは!? 復讐とは!?
衝撃の真相と結末!!」
(2010.3.13放送)

あらすじ


真の黒幕、スパイダーによってテレビ局を電波ジャックした魔弾
の射手は、総理の九条(竜 雷太)の体制批判と若者への喚起を
促し、日本再起動計画をスタートさせる。一方、何度となく自分
を窮地に追い込んだスパイダーの存在を知った藤丸(三浦 春馬)
は、響(黒川 智花)と共に再起動計画を阻止するために動きだす。

そんな中、テレビ電波のハッキングを知った藤丸は、状況を把
握するためサードアイのシステムに侵入しようとする。ところが
サードアイのシステム自体をスパイダーにハッキングされてしまう。

絶体絶命の危機に、萩原(高嶋 政宏)は藤丸のハッキング能力に
頼るしかなかった。その時、藤丸の携帯電話にスパイダーからの
着信が入る。藤丸と響はスパイダーの「一緒に遊ぼうよ、藤丸君」
という挑発を受け、高速増殖炉へと向かう。そこは、難攻不落の
要塞と化した施設であった。テロリストたちの日本再起動計画は、
施設の「栄光の扉」を開き、「皇帝の心臓」をセットして、「聖なる
行進」を待つことであった。施設に潜入した藤丸は終に姿を現し
たスパイダーと対面する…!物語はいよいよクライマックスへと突
入する!


ドラマ開始から3分で、霧島(吉沢 悠)がスパイダーではないの
が確定…。スパイダーは、倉野(満島 ひかり)でした。

スパイダーは、藤丸の身近な存在という響の言葉と、第8話
の予告映像で見た藤丸の一部だけの会話が強く印象に残って
しまい、ミスリードにはまってしまった。


倉野がスパイダーだと知った藤丸自身…
何で、何であんたが?
という具合で、倉野との接点が分からないご様子。

多分、最終話に藤丸と倉野の接点が分かるんでしょうけど、
二人は接点(特殊医療拘置所以外の接点)があるという伏
線を含む描写もストーリ上に一切、無かったし、消化不良に
なりそうだ。



J
「良かったね、スパイダー。君の求めるファルコンが来たよ。
僕が描いた方程式に狂いは無かったでしょう。
ただ、ここからは、別々だ。僕は僕の求めるところに行く。
絶望ノ匣(パンドラノハコ)に残るのは、希望か絶望か確か
めてくる。」



J(成宮 寛貴)が考えたシナリオに見事に騙された。Jの口ぶ
りだと、最初から【魔弾の射手】に命など狙われていなかっ
た感じですねえ。


「お待たせ真子…迎えに来たよ。」
K(徳永 えり)と再会を果たしたJの真の目的とは
スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fukukuru.blog34.fc2.com/tb.php/1416-ec8d26d3

 | HOME | 

プロフィール

竜崎

Author:竜崎
足のマッサージが得意です。w

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧


■ ブログ名:E-GOS

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

フリーエリア

b_02.gif

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。