全ての不可能を消去して、最後に残ったものが如何に奇妙なことであっても、それが真実となる

  変わっていくことを楽しみ 未来は自分で創るのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> ドラマ(感想) > 次のステージへ  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

次のステージへ

2010 - 03/03 [Wed] - 23:10

泣かないと決めた日
第6話 「負け犬の逆転」

あらすじ


角田美樹(榮倉 奈々)は、立花万里香(杏)が仲原翔太(要 潤)と
結婚する事になったと聞き、衝撃を受ける。そんな美樹に万里香
は、「自分は妊娠しているが、仲原は自分との関係を覚えていない
らしい、自分は一人でも子供を産む決心をしている」と明かす。
その夜、帰宅する美樹を仲原が待っていた。仲原は美樹を傷つけ
てしまった事を謝罪し、「それでも自分は美樹が好きだ」と打ち明け
る。だが、美樹は「自分たちは終わったのだ」と言い、立ち去ってし
まう。

翌日、美樹は桐野征治(藤木 直人)のプレゼンをサポートする為、
集まったクライアントの前に立っていた。しかし、集中力を欠き、商
品の説明がしどろもどろになってしまう。桐野にフォローしてもらい、
なんとかその場を切り抜けるが、明らかな失敗だった。

週末、仲原は立花家を訪ねる。万里香が妊娠していると聞かされ
た父・和也(団 時朗)は、2人は結婚するものだと思う。だが、万里
香が「結婚はまだ決まっていない」と父を遮る。すると、和也は怒っ
て仲原の頬を殴る。万里香の母・陽子(筒井 真理子)も、「大切な
娘に幸せになってもらいたいと願うのは親心だ」と仲原を諭す。

一方、仕事への集中力を取り戻した美樹は、白石杏子(有坂 来瞳)
から引き継いだ納品一覧表の中に不審な箇所を見つけ、佐野有希
子(木村 佳乃)に報告する。それは、今まで誰も気づかずにいた指
摘で、有希子を驚かすものだった…。



負け犬とは、美樹の事を指すとして逆転とは、どの部分を指すん
だろうか


どうも見ていて、万理香と結婚を決めた理由が、釈然としないという
か、何いっちゃってんの。って感じで…。


2千万円を超える使途不明金に部長・梅沢(段田 安則)が絡んで
いるみたいですね。それを知ってしまった佐野さんを“社内イジメ
に関する報告書”という文書を作成し、陥れるという筋書きですか。。


どんな事があっても揺らがない自分の何かを見つけたいから仕事
を下さいねえ。所謂、いじめに対しての復讐というか反撃のドラマ
では無さそうですね。


結婚という形で仲原を手に入れた万理香でしたが、これで終わる
ワケないよなあ…。
スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fukukuru.blog34.fc2.com/tb.php/1404-0d74d150

 | HOME | 

プロフィール

竜崎

Author:竜崎
足のマッサージが得意です。w

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧


■ ブログ名:E-GOS

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

フリーエリア

b_02.gif

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。