全ての不可能を消去して、最後に残ったものが如何に奇妙なことであっても、それが真実となる

  変わっていくことを楽しみ 未来は自分で創るのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> ドラマ(感想) > 映画『ブラックサイト』のパクリ!?  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画『ブラックサイト』のパクリ!?

2010 - 02/28 [Sun] - 22:51

ブラッディ・マンデイ Season2
第6話 「最愛の友の死!? 現れた宿敵の顔は!!最凶テロが遂に終幕!?」
(2010.2.27放送)

あらすじ

【魔弾の射手】のスパイとして取り押さえられたサードアイの情報分析
官、沢北(阿南 敦子)は息子が【魔弾の射手】の人質になっている事を
打ち明ける。パソコンを操作した藤丸(三浦 春馬)は、ある動画サイトを
見つける。サイトには無邪気に遊ぶ沢北の息子が映し出されていた。

しかし、そのサイトは子供の動きに合わせてライフルが仕掛けられてお
り、一定のアクセス数(100万Hit)を超えると発射される仕組みになって
いた。

事実を知りホーネットへの怒りをあらわす藤丸。ホーネットのプログラム
トラップを掻い潜り、気付かれる事なくホーネットが作成したサイトと全く
同じ偽サイトを作って入れ替えに事に成功した藤丸は、閲覧者に限定
(1日)のウィルスを感染させ、本物のサイトに誘導させるという攻撃を
仕掛ける。

攻撃されているとも知らず、油断している(アクセス数が伸びる事と、
サイトの映像にしか興味がない)ホーネットの潜伏先を調ベ上げ、澤北
の息子と謎の少年(神木 隆之介)を保護するも、今一歩のところでホ
ーネットに逃げられてしまう。

一方、一人でテロに対して“最後の希望”と言われる教授の手掛かり
を探していた音弥(佐藤 健)のもとに、響(黒川 智花)から連絡が入る。
教授が会いたいと言っていると告げられた音弥は教授のもとへ向かう
が、テロリストの一人・ホタルの銃弾に倒れてしまう…



現場に残されていたホーネットのPCの中身を確認した藤丸。

「これ本当に、ホーネットのPCですか?。」

「まさか…」

何かふに落ちないご様子の藤丸


「でも、ホーネットってやつ大した事なかった。」

「俺の足元にも及ばない。低レベルなハッカーだった。」


取調室で自分はファルコンと名乗り、少年に揺さぶりをかける藤丸。

不敵な面構えで、不気味に高らかに笑う少年…。

保護された少年がホーネットなんだろうけど、何で監禁されていたふ
りをしていたのだろうか。何かを企んでいるのは、間違いなさそう。


携帯のGPS機能で、【魔弾の射手】に居場所を着きとめられ、狙撃さ
れるというお粗末な音弥。危機管理なさ過ぎ(´A`;)


ここで、まさかのJ(成宮 寛貴)が心停止。このまま死ぬって事は無
さそうだけれども…。
スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fukukuru.blog34.fc2.com/tb.php/1401-548f3fee

 | HOME | 

プロフィール

竜崎

Author:竜崎
足のマッサージが得意です。w

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧


■ ブログ名:E-GOS

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

フリーエリア

b_02.gif

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。