全ての不可能を消去して、最後に残ったものが如何に奇妙なことであっても、それが真実となる

  変わっていくことを楽しみ 未来は自分で創るのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> ドラマ(感想) > やっちまったな~~。  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっちまったな~~。

2010 - 01/15 [Fri] - 21:57

エンゼルバンク
第1話 「価値0円の女!! 離婚主婦の再就職」

あらすじ テレビ朝日「エンゼルバンク~転職代理人」より

井野真々子(長谷川 京子)は私立高校の英語教師。ところがある
日、勢いに任せて提出した退職届をあっさり受理されてしまい、無
職となってしまう。貯金もなく絶望的になる真々子。その矢先、彼女
は親友・南(村上 知子)に転職セミナーへの参加を勧められる。

セミナーでは“転職のカリスマ”と呼ばれ、数多くの人々の転職を成
功させてきた転職代理人・海老沢康生(生瀬 勝久)が講演を行うと
いう。藁にもすがる思いでセミナーに参加する真々子だが、「人間の
価値は相場で決まる」
と豪語する海老沢に「今のあなたは転職の相
場で、価値ゼロです」
と一刀両断され…。

ところが、ひょんなことから海老沢は真々子に自分の下でアルバイト
をするよう誘い、有無を言わせず転職依頼人の面談に同席させる。
依頼人は、長野弥生(奥貫 薫)という35歳のシングルマザー。就業
時間は9時から5時までで、残業なしの事務職、希望年収は500万
円。高望みともいえる条件を提示する弥生に対し、海老沢は「希望
に沿う会社は一社もない」
と言い放つ。そんな海老沢の冷たい対応
に、真々子は思わず食ってかかる。すると突然、海老沢が真々子
に長野の転職アドバイザーを担当するよう命令。もし弥生の転職
を成功させたら、自分が真々子に素晴らしい転職先を紹介してあ
げると持ちかけるが…!?

05年のドラマ「ドラゴン桜」(TBS系)で長谷川京子さんが演じた女
性教師・井野真々子のその後の物語らしい。そういえば、出演して
たかも。それで、ゲストとして新垣結衣ちゃんが出てたのか。

長谷川京子さんって、お世辞にも演技が上手とは……。

1話を見終えた感想は、何か現実味が湧かないドラマだなと。
スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fukukuru.blog34.fc2.com/tb.php/1370-590b9d96

 | HOME | 

プロフィール

竜崎

Author:竜崎
足のマッサージが得意です。w

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧


■ ブログ名:E-GOS

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

フリーエリア

b_02.gif

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。