全ての不可能を消去して、最後に残ったものが如何に奇妙なことであっても、それが真実となる

  変わっていくことを楽しみ 未来は自分で創るのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> ドラマ(感想) > 1年ぶりに菅野美穂さんが、水10枠に帰ってきました。  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1年ぶりに菅野美穂さんが、水10枠に帰ってきました。

2010 - 01/14 [Thu] - 22:40

曲げられない女

脚本・遊川和彦、演出・南雲聖一、吉野洋、木内健人
出演者/菅野美穂 谷原章介 塚本高史 市川知宏
能世あんな 西岡徳馬 永作博美

第1話 「男? 仕事? 夢? 貫く私の究極の選択! 絶対幸せになる」

あらすじ 公式HP「曲げられない女」より

荻原早紀(菅野 美穂)、 32歳、独身。法律事務所でパラリーガル
(見習い)をしながら司法試験を目指しているが9年も惨敗中。
周りからは「あきらめて結婚しろ」と勧められているが、彼女は信念
を持ち、物事すべてをきちんとしないと気が済まない“曲げられない
女”だった。

ある日彼女は偶然、高校の同級生だった璃子(永作 博美)と再会
する。セレブな専業主婦の璃子は、早紀と恋人の弁護士・正登
(塚本 高史)の結婚をお膳立てしようとする。正登にプロポーズさ
れ、さらに「結婚に夢を持つな」という光輝(谷原 章介)に出会い、
曲げられなかった自分の道に迷いを持ち始める早紀。そしてつい
に早紀が正登に返事をしようとしたそのとき、早紀は ――。


正登って早紀に対して理解力のある彼氏だなぁと思っていたら、
あららっ…。早紀にプロポーズを断られ、思わず本音が。。
ああいう言葉は、思っていても発してはいけませんよね。

璃子自身は家庭内が上手くいっていないのに、何で早紀に結婚
をするように勧めたのでしょう

注目といえば、警察官僚とは思えない言動と行動の光輝ww
光輝がストーリーに、どう関わっていくか楽しみ。

予想以上に面白く、ワンクール見続けそうなドラマかも。
スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fukukuru.blog34.fc2.com/tb.php/1369-00b453bb

 | HOME | 

プロフィール

竜崎

Author:竜崎
足のマッサージが得意です。w

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧


■ ブログ名:E-GOS

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

フリーエリア

b_02.gif

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。