全ての不可能を消去して、最後に残ったものが如何に奇妙なことであっても、それが真実となる

  変わっていくことを楽しみ 未来は自分で創るのナビゲーター   トップページ > ドラマ(感想) > 最終話は、良い意味で期待を裏切ってほしい  

最終話は、良い意味で期待を裏切ってほしい

2009 - 09/15 [Tue] - 22:59

ブザー・ビート〜崖っぷちのヒーロー〜
第10話 「最終章・別れ」
あらすじ[ブザー・ビート〜崖っぷちのヒーロー〜 フジテレビ]

直輝(山下 智久)と莉子(北川 景子)が別れるような感じはしてた。
海外留学かと思ってたけど、軽井沢を中心に活動している八尾(升
毅)の財団のオーケストラに誘われるっていうものだった。軽井沢な
ら逢えない距離でもないし、携帯で連絡も出来る。別れる必要があ
ったのだろうか…。まぁ、せっかく掴んだチャンスを自分と離れた
くないという一時的な感情で夢を諦めてほしくなかっただろうし、挑
戦するからには、音楽に没頭して後悔ないようにやってきてほしい
という直輝の思いも分からないワケではない。

莉子が病室の前に来ているのを知ってて、自分が直輝と別れたか
らこんなことになった、と真希子(真矢 みき)に頭を下げると、いま
でも直輝のことが好きで、別れたことを後悔している、と真希子に
泣きつく菜月(相武 紗季)。今度は、母親を抱きこむ気ですか…。
足掻きますねぇ……。このしつこさが最終話で、どのように変化
するのが見ものです。
スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fukukuru.blog34.fc2.com/tb.php/1314-94009b74

 | HOME | 

プロフィール

竜崎

Author:竜崎
足のマッサージが得意です。w

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧


■ ブログ名:E-GOS

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

フリーエリア

b_02.gif