全ての不可能を消去して、最後に残ったものが如何に奇妙なことであっても、それが真実となる

  変わっていくことを楽しみ 未来は自分で創るのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> ドラマ(感想) > 今回は主役級の二人は、一休みって感じで  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今回は主役級の二人は、一休みって感じで

2009 - 08/26 [Wed] - 23:35

救命病棟24時』 第4シーズン
Episode3 「命を救う者たちの選択」
あらすじ[救命病棟24時-フジテレビ]

「医者にとって患者の命よりも大切なものがあるのか?」

正直、難しい問いです。医者も人の子ですから…。

ふらりと現れては、軽口をたたく花輪(板尾 創路)が救命を離れ、
麻酔科に移ったのは、身勝手な理由ではありませんでした。
山城(木村 多江)と同じように子供との時間を大事にしたいとい
う気持ちからだったんだね。

身内の理解があっての花輪と山城の救命の復帰。患者に対して
何事にも一生懸命な千夏(北乃 きい)の直向さが、この二人の救
命に対する熱い想いを呼び起こした感がありました。

「この国の救命医療は、今や崩壊寸前です。しかし、そんな環境
の中で、人々を救おうと努力している人間達がいます。
彼等を動かしているのは、責任感と患者への想いです。彼等は
今、この瞬間も全てを犠牲にして戦っているのです。」


講演で澤井(ユースケ サンタマリア)が言っていた言葉ですが、
改めて、救命医療の深刻さを感じるのでありました。
スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fukukuru.blog34.fc2.com/tb.php/1306-c051253e

 | HOME | 

プロフィール

竜崎

Author:竜崎
足のマッサージが得意です。w

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧


■ ブログ名:E-GOS

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

フリーエリア

b_02.gif

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。