全ての不可能を消去して、最後に残ったものが如何に奇妙なことであっても、それが真実となる

  変わっていくことを楽しみ 未来は自分で創るのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> ドラマ(感想) > 桔梗の花言葉は『変わらぬ愛』  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桔梗の花言葉は『変わらぬ愛』

2009 - 06/25 [Thu] - 23:12

臨場
最終話 「十七年蝉」
あらすじテレビ朝日 「臨場」

17年前の犯人である弁護士の寺島(矢柴 俊博)は、家宅捜査
に現れた立原(高島 政伸)等の目の前で自殺…。では、妻の
弥生を殺害したのは夫の寺島だったのか。当時、殺害され
た恵美子の頭部左にあった打撲傷が犯人である寺島が殴った
ものと勘違いしたまま、殺害を模倣したのが仇に。弥生を殺害
した犯人は、17年前の事件で殺害された恵美子の夫・大瀬(大
杉 漣)の復讐によるものでした。17年前、倉石(内野 聖陽)の
妻・雪絵(京野 ことみ)を殺害した犯人を追い詰めていという最
終話かと思いましたが、そうではありませんでした。10話で完結
とは、チョッと残念な気がします。
スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fukukuru.blog34.fc2.com/tb.php/1278-ae1da8fb

 | HOME | 

プロフィール

竜崎

Author:竜崎
足のマッサージが得意です。w

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧


■ ブログ名:E-GOS

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

フリーエリア

b_02.gif

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。