全ての不可能を消去して、最後に残ったものが如何に奇妙なことであっても、それが真実となる

  変わっていくことを楽しみ 未来は自分で創るのナビゲーター   トップページ > ドラマ(感想) > 思ったほど、書くことがないなぁ…  

思ったほど、書くことがないなぁ…

2009 - 04/27 [Mon] - 22:42

魔女裁判

フリーターの吉岡徹(生田 斗真)は、裁判員に選ばれた。そんな徹
が担当するのは、魔女と呼ばれる女・柏木鏡子(石田 ゆり子)を愛
人とし、東条財閥の創始者である東条総一郎(早川 純一)について
の事件であった。しかし徹は、判定をめぐり危険な出来事に巻き込
まれていくことになる。
あらすじ Wikipediaより

鏡子に命により私選弁護士が雇った謎の組織が選ばれた裁判員達
の弱味を握って、鏡子に有利な判定をさせようとするみたいな
裁判員制度をテーマにしたドラマってことで、見たのですが、意外と
面白かったです。今、注目しているのは比嘉愛未さん。そういえば
天地人』で菊姫役も演じてましたね。今後の活躍に期待したい。



ぼくの妹
第2話

里子(ともさか りえ)が謎の死を遂げたことで、直前まで一緒にいた
盟(オダギリ ジョー)は、警察から疑いの目を向けられ事情聴取され
る。憮然として帰宅した盟を待っていたのは、颯(長澤 まさみ)だった。
「300万貸さなくて良かった」とさらっと言う颯に腹立たしさを覚えた盟
だったが、本当は心から兄を心配して言ったことだった。里子の事件
は大学病院で大きな波紋を呼び、盟を良く思わない准教授の塚本は
スキャンダルだと騒ぎ立て、大河原理事長(若林 豪)耳にも届いてし
まう……。里子の事件が一体何だったのかモヤモヤが晴れない盟は、
里子のアパートを訪ねた。里子の部屋の隣に住む櫻井(大滝 秀治)と
再会した盟は、話していくうちに颯が事件の前日に里子と会っていた
ことが分かった。何故!? 寝耳に水の盟は、確かめるために颯のアパ
ートへ行ったが、もう颯の姿はなかった。また、行方が分からなくなっ
てしまった颯。そんな折、大学病院に瀬川の妻・茂子(鈴木 砂羽)が押
しかけてきた。瀬川(田中 哲司)が、もう5日も家に帰ってこないというの
だ。たぶん颯と一緒にいるはずだと言う茂子は、颯の居所を教えろと
盟に詰め寄る。そこへ、興信所から居場所が分かったという電話が入
り盟は、茂子に付いて2人がいるという所へ向かったのだが……。
あらすじ TBS「ぼくの妹」より

どうやら、物語の鍵を握るのは、九鬼(千原ジュニア)みたいですねぇ。
さらっと見ていたんですが、前回程のインパクトは無し。案の定、2話
の視聴率は一桁台だったようで…。

スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fukukuru.blog34.fc2.com/tb.php/1241-e8d56b8a

-

管理人の承認後に表示されます

 | HOME | 

プロフィール

竜崎

Author:竜崎
足のマッサージが得意です。w

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧


■ ブログ名:E-GOS

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

フリーエリア

b_02.gif