全ての不可能を消去して、最後に残ったものが如何に奇妙なことであっても、それが真実となる

  変わっていくことを楽しみ 未来は自分で創るのナビゲーター   トップページ > ドラマ(感想) > 全ての不可能を消去して、最後に残ったものが如何に奇妙なことであっても、それが真実となる  

全ての不可能を消去して、最後に残ったものが如何に奇妙なことであっても、それが真実となる

2008 - 12/20 [Sat] - 22:45

流星の絆
第10話 「犯人はお前だ! 3兄妹の運命は…涙と感動の最終回!」

如何にも怪しいと思われる人物は、大体が犯人ではないのが
推理モノのセオリーです。というワケで戸神のおやっさん(柄本
明)ではないと思ってました。まぁ、考えてみると柏原(三浦 友
和)が犯人だという伏線は、小出しに出ていたワケで、問題は
動機。理由がどうあれ、同情はなかったです。最終的にハッピ
ーエンドな終わり方で良かったのだけれど、もうチョッとシリア
スな展開があっても良かったかな。

結局、サギ(中島 美嘉)は何者だったんでしょうか(笑?
スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fukukuru.blog34.fc2.com/tb.php/1168-0edc08e5

 | HOME | 

プロフィール

竜崎

Author:竜崎
足のマッサージが得意です。w

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧


■ ブログ名:E-GOS

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

フリーエリア

b_02.gif