全ての不可能を消去して、最後に残ったものが如何に奇妙なことであっても、それが真実となる

  変わっていくことを楽しみ 未来は自分で創るのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> ドラマ(感想) > やはり、主題歌は宇多田できたか。  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やはり、主題歌は宇多田できたか。

2008 - 10/21 [Tue] - 23:09

イノセント・ラヴ』 第1話
残酷な運命と闘う…新しい私の始まり…

福士誠治クン演じる耀司は、シスコン…(気になったのは、そっち
かいっ)。ゆずは知ってましたが、、まともに北川悠仁さんの顔を見
たのは、このドラマが初めてだったのですが、中々のイケメンですね
ぇ。この方って、アヤパンと噂があった人だよね

開かずの扉の部屋には、医療器具が整ったベッドに眠った状態の聖
花(内田 有紀)が…。 佳音(堀北 真希)の生い立ちを知った周りの態
度もそうだが、とにかく内容がディープです。それもそのはず。脚本は、
ラスト・フレンズ』を手がけた浅野妙子さん。どうりで…

賛美歌の「いつくしみ深き」が相乗効果を生み、よりディープに感じた
のは、私だけでしょうか。
スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fukukuru.blog34.fc2.com/tb.php/1130-4d281ddf

 | HOME | 

プロフィール

竜崎

Author:竜崎
足のマッサージが得意です。w

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧


■ ブログ名:E-GOS

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

フリーエリア

b_02.gif

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。