全ての不可能を消去して、最後に残ったものが如何に奇妙なことであっても、それが真実となる

  変わっていくことを楽しみ 未来は自分で創るのナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> ドラマ(感想) > それぞれの愛のかたち  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それぞれの愛のかたち

2008 - 06/20 [Fri] - 20:46

080619f01.jpg
080619f02.jpg
080619f03.jpg

ラスト・フレンズ』 最終話
未来へ

美知留へ』
さようなら美知留。君を自由にしてあげるよ。生きてる限り僕は君を
縛ってしまう。だから君に自由をあげるには、この心臓を止めるしか
ない。僕は君の全てになりたかった。君の見る世界の全て。君を照
らす光の全て。君の感じる喜びの全てでありたかったんだ。どこまで
も、いつまでも僕は君とひとつでいたかった。
でも君は、僕のいない世界に幸せを見つけてしまったんだね。
だから僕は逝くよ。せめて君の温もりがこの手に残っているうちに。
君とひとつになれたことを、この体が覚えているうちに。
ごめんね。君の笑顔が大好きだったのに笑わせてあげられなくて。
ごめんね。愛し方が分からなくて。
ごめんね。僕が君を幸せにできなくて。
さよなら美知留、幸せにね。


死ぬことでしか、美知留(長澤 まさみ)を解放できない宗佑(錦戸 亮)。
独りよがりも、ここまでくると甚だしい…。
皮肉にも、美知留は宗佑の子(瑠美)を身ごもってしまう美知留。母子
共に危険な状態にあったのに関わらず、「大事な人の子供」ということ
で出産してしてしまう辺り、他人には理解し難い、根強い男女の繋がり
があったのでしょう。

ドラマ中では、ん?と感じるシーンが、しばしばありました。
まずは、タケル(瑛太)。
バイクで二人乗りしていたということは、自動二輪(中型)の免許を取得
して1年以上経つということになりますよねぇ…。せめて、全話のうち、
どこかでタケルがバイクに乗っているシーンがあったら、納得がいく部分
もあるのだが。
男女を越えた友情…。心を許せる友だとしても、こんなに密着して寝れ
るものなのか?(まぁ、微笑ましいシーンではありましたが。)

ヘアサロンの元先輩(西原 亜希)が彼氏にDVを受けているような感じだ
ったけど…。何か複線のような描き方に思えたが、あれは何だったの

最後まで美知留を支える事を決意し、美知留と瑠美と共に、シェアハウス
へ戻るタケルと瑠可(上野 樹里)。これは、一つのハッピーエンドなんだろ
うけど、ここまで他人に親身になれるものだろうか……。と思ってしまう私
は冷たい人ですか
スポンサーサイト

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://fukukuru.blog34.fc2.com/tb.php/1040-6a8e0e1a

 | HOME | 

プロフィール

竜崎

Author:竜崎
足のマッサージが得意です。w

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブロとも一覧


■ ブログ名:E-GOS

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

フリーエリア

b_02.gif

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。